マウスピースの利用

歯ブラシ

歯並びが悪くて悩んでいる人はいませんか。歯科矯正は、子どもがするものという考え方は昔のことです。
大人になっても矯正治療は十分可能です。しかし、早く始めるにこしたことはありません。
治療を始める最適な時期は、永久歯が生えそろった頃です。ですから、小学校の高学年になったら検討してみましょう。
歯並びは、見た目の問題だけではありません。歯と言うのは、かみ合わせがよくないとギュッと歯を食いしばった時に力が入りません。
スポーツ選手は、ここぞというタイミングで無意識のうちに歯を食いしばり力を発揮するのです。ですから、歯並びが悪いと力が入らず、自分の力を発揮することができないということにもなるのです。
日常生活でも言えることでしょう。

歯科矯正は、数年かけて治療を行いますから、特に女の子は「矯正器具が目立つのが嫌だ。」という理由でなかなか治療に踏み切れない人がいるかもしれません。
最近は透明で目立たないタイプの器具も出ています。
ですから、女の子でも安心して使えます。
大人になってから始める人にもいいかもしれません。
透明タイプだと、近くに寄らないと矯正をしているかどうかわからないという利点があります。
歯科矯正は、保険がききません。
自己負担がかなり大きくなるので費用がかかります。
しかし、確定申告をすれば所得に応じて還付金もありますから、負担軽減にもなります。
もし悩んでいたら、将来歯並びが悪いことで悩む前に早めに治療することをおすすめします。