金属ブラケットの効果

歯ブラシを持つ少女

歯列矯正というと、昔からワイヤー矯正が一般的なイメージがあります。私も以前歯科に通い、ワイヤー矯正を行いました。
メリットはこの方法で行う歯科が圧倒的に多いという点です。定期的に通う所ですから、なるべく近場で選びたいものです。
あと費用が、比較的安いです。デメリットは装置が外せないことです。
終わるまでには2~3年はかかりますから、その間、ご飯の時や、歯磨きの時、不便を感じます。見た目も装置が見えていますので、いいとは言えません。
ただ、私の場合は透明のブラケットだったため、そんなに目立たなかったです。様々面倒な点はありますが、慣れてしまえばそんなに気にならなくなります。
気軽に始めたい方、安くすませたい方にはおすすめです。

マウスピース矯正という方法があるのを、友人が行っていて初めて知りました。メリットは透明ですので、目立たないということ。
友人がつけているのが全く分かりませんでした。あとは取り外しができること。
基本はワイヤー矯正と同じように24時間装着しているのですが、飲食時には取り外すことができるので、ストレスはかなり少ないです。友人は半年くらいで、歯並びがきれいに揃っていましたから、動くスピードも早いように思います。
デメリットはこの方法を行っている歯科が少ないことです。友人も都内の歯科に通っています。
地方で探すのは難しいかもしれません。また、費用もワイヤー矯正に比べると、割高です。
長い期間つけるものですから、費用を気にせず、快適に過ごしたい方にはおすすめです。